January 22, 2020 / 7:52 AM / a month ago

中国・香港株式市場・大引け=中国株がプラス圏に回復、新型肺炎の対策好感

    [香港/上海 22日 ロイター] - 
 中国                         終値      前日比      %        始値        高値        安値
 上海総合指数            3,060.7545    + 8.6126  + 0.28  3,038.4868  3,069.2527  3,006.2677
                                                                                           
 前営業日終値            3,052.1419                                                        
 CSI300指数<.CSI3   4,131.931    + 17.623  + 0.43  4,093.801   4,141.177   4,046.487 
 00>                                                                             
 前営業日終値             4,114.309                                                        
    中国株式市場は22日、一時は年初来安値を付ける場面もあったが、その後値を戻し
、プラス圏で引けた。
    中国国内では、21日時点での新型コロナウイルスによる肺炎の死者は9人になり、
13省で計440人の感染を確認した。ただ、感染拡大に歯止めをかけるための対策が相
次いで打ち出されていること受けて、安心感が広がった。
    上海総合指数の終値は8.6126ポイント(0.28%)高の3060.
7545。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI30
0指数         の終値は17.623ポイント(0.43%)高の4131.931。
    UBSのアナリストは22日付のリポートで「短期間で感染の拡大を抑制できなけれ
ば、特に第1・四半期と第2・四半期初めに中国の小売売上高、観光、ホテル、ケータリ
ング、旅行が打撃を受ける可能性が高い」と指摘した。
    一方、第一上海証券のチーフストラテジストは、米中が「第1段階の通商合意」に署
名したことが、引き続き中国株の支援材料になると指摘。「中東情勢の緊迫化など、上昇
トレンドが途切れることがあったが、このトレンドは崩れていない。中国経済は改善して
いる」と指摘した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below