August 30, 2019 / 8:40 AM / in 23 days

中国・香港株式市場・大引け=中国株まちまち、米の関税発動控え

    [香港 30日 ロイター] -    
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,886.2365   - 4.6827     - 0.16  2,907.382  2,914.5767   2,874.1028 
                                                               5                
 前営業日終値         2,890.9192                                                           
 CSI300指数<.C   3,799.586    + 9.400     + 0.25  3,816.678   3,828.970    3,778.919 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,790.187                                                           
    
    中国株式市場はまちまち。米中が貿易協議を再開する兆しがみえる
ものの、9月1日の米の新たな対中関税発動が重しとなった。
    上海総合指数終値は4.6827ポイント(0.16%)
安の2886.2365。週間では0.4%下落。米との貿易戦争激化
、人民元急落に見舞われた8月は1.6%の下落となった。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する
CSI300指数         終値は9.400ポイント(0.25%)
高の3799.586。週間で0.6%下落、月間では0.9%下落し
た。
    深セン指数は0.7%安、チャイネクスト総合指数
も0.6%下落した。
    セクター別では、金融株が0.1%高、生活必需品株<
.CSI000912>が1.8%高、ヘルスケア株が0.8%上昇す
る一方、不動産株は0.9%下落した。
    米通商代表部(USTR)は28日、対中関税第4弾の一部対象品
目について9月1日から15%の追加関税を発動すると発表したが、ト
ランプ米大統領は29日、米中両国の通商交渉団が同日中に「異なるレ
ベル」での協議を行う予定と語った。中国商務省も、両国は9月の対面
協議について話し合っていると明らかにした。
    31日には中国国家統計局から8月の製造業購買担当者景気指数(
PMI)が発表される。ロイター調査によると、貿易摩擦の激化を背景
に、景況拡大と悪化の分かれ目である50を4カ月連続で割り込むと予
想されている。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があ
ります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below