July 30, 2018 / 8:24 AM / 4 months ago

中国・香港株式市場・大引け=中国続落、ヘルスケア株の売り継続

    [上海 30日 ロイター] - 
 中国                   終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSEC  2,869.04  - 4.5443    - 0.16  2,871.93  2,896.0109  2,850.2960
 >                         95                           97                         
 前営業日終値        2,873.59                                                      
                           38                                            
 CSI300指数<.  3,515.55   - 5.677    - 0.16  3,520.85  3,550.902   3,489.549 
 CSI300>                    0                            4               
 前営業日終値        3,521.22                                                      
                            7                                            
 
    30日の中国株式市場は一時プラス圏に浮上する場面もあったものの、結局続落して
引けた。
    不正ワクチン製造疑惑の影響が尾を引いてヘルスケア株が再び売られ、市場全体を圧
迫した。
    上海総合指数       終値は4.5443ポイント(0.16%)安の2869.0
495。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は5.677ポイント(0.16%)安の3515.550。
    一方、政府のテコ入れ策への期待感からインフラ関連株は逆行高となった。
    ロイターが27日、政府の政策に詳しい関係筋4人の話として伝えたところによると
、中国政府は米国との貿易戦争に伴う国内経済への打撃を抑えるため、インフラプロジェ
クト向けの支出を拡大する方針。このニュースを受けてインフラ株は上昇した。
    ヘルスケア指数は2.87%安。不正ワクチン疑惑で国産品への不信感
が強まり、業界全体に対する投資意欲が低下している。
    中国証券監督管理委員会は27日、株式の上場廃止基準の改定を発表した。企業の不
正を一掃し、ガバナンス(統治)を強化する取り組みの一環。
    安全保障や公共の安全、利益を損なう活動に関連した企業の株式は取引停止や上場廃
止の対象となり得るとしている。
    China Fortune Securitiesのアナリスト、Yan Kaiwen氏は「不正ワクチン疑惑でヘル
スケア企業が信頼の危機に見舞われている。バリュエーションの高い企業の株にも影響が
波及する可能性がある」と指摘した。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below