August 15, 2019 / 8:22 AM / 10 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国、安値から戻す ハイテク株主導

    [上海 15日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %          始値         高値         安値
 上海総合指数         2,815.7976   + 6.8830     + 0.25   2,762.3390   2,815.8964   2,756.8341 
 前営業日終値         2,808.9146                                                              
 CSI300指数<.C   3,694.001   + 11.599     + 0.31    3,618.009    3,694.299    3,612.111 
 SI300>                                                                            
 前営業日終値          3,682.402                                                              
    
    中国株式市場は、朝方の安値から戻し、ハイテク株主導で上昇して引けた。米中貿易戦争が激化する中
、中国政府は国産技術の開発を推進している。
    上海総合指数終値は6.8830ポイント(0.25%)高の2815.7976。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
11.599ポイント(0.31%)高の3694.001。
    米国債の長短金利は14日、12年ぶりに一時逆転。これを受け、米国株式市場は大幅下落。中国市場
も急落して始まったが、その後ハイテク株に買いが入り、上昇に転じた。
    一時2%値下がりした深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数<.
CNT>は1.24%高で終了。
    情報技術株指数と通信株指数は、それぞれ2.0%、1.6%上昇した。
    渤海証券はリポートで、米国の長短金利逆転は中国の主要資産にとってはプラスだと指摘。中国は金利
を操作する余地が比較的大きく、国内生産・消費も高水準で、独立した市場と政策があるとの見方を示した
。政府は改革開放を一段と推進しており、国内外の資金の流入で中国の債券・株式市場が強気に転じる可能
性があるとしている。
    不動産株も堅調。一時2.6%値下がりしたCSI300不動産指数は0.2%高で引け
た。7月の中国の新築住宅価格が小幅に上昇したことが好感された。    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below