Reuters logo
中国・香港株式市場・大引け=反落、規制や課税強化見通しを嫌気
2017年2月23日 / 07:46 / 9ヶ月前

中国・香港株式市場・大引け=反落、規制や課税強化見通しを嫌気

    [上海 23日 ロイター] - 
 中国                     終値     前日比         %       始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                     算
 上海総合指数<.SSEC  3,251.3750   - 9.8434     - 0.30  3,258.831  3,264.0819   3,236.3549    2364.9億元
 >                                                            9                             
 前営業日終値        3,261.2184                                                              (上海A株
                                                                                                     )
 CSI300指数<.   3,473.313   - 16.443     - 0.47  3,487.575   3,492.962    3,460.118   
 CSI300>                                                                                    
 前営業日終値         3,489.757                                                             
    中国株式市場は反落して引けた。資産運用業界の規制強化や不動産への広範な課税を
巡る懸念が圧迫した。
    上海総合指数       終値は9.8434ポイント(0.30%)安の3251.3
750。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は16.443ポイント(0.47%)安の3473.313。
    中国人民銀行(中央銀行)などの規制当局が資産運用業界への共通規制を導入すると
発表された。    
    華西証券の調査担当者は「株式への資金流入は少なく、規制導入が地合いを圧迫した
」と述べた。
    全国的な不動産税の導入に向け準備作業を行っていると報じられ、不動産や建設関連
株が売られた。セメント株の下げが目立った。
    
    不動産株指数は0.7%安。華西証券の担当者によると、税導入で住宅
価格が上昇し新規建設を抑制するとの思惑につながった。
    セクター別では消費関連やエネルギー株も軟調。ヘルスケア
株だけが上昇した。
    セメントメーカーの河南同力水泥は10%のリミット安となり3週間ぶ
り安値。大幅上昇を受けた機関投資家の売りで上海百聯集団は7.24%下
落。
    
    *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示しま
す。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below