Reuters logo
中国・香港株式市場・引け=中国続落、不動産規制や景気懸念で
2017年9月25日 / 07:46 / 1ヶ月前

中国・香港株式市場・引け=中国続落、不動産規制や景気懸念で

    [上海 25日 ロイター] - 
    
 中国                    終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数<.SSEC  3,341.548  - 10.9807     - 0.33  3,344.588  3,350.9612   3,334.9438 
 >                           7                               6                
 前営業日終値        3,352.529                                                           
                             4                                                
 CSI300指数<.  3,817.732   - 19.999     - 0.52  3,829.219   3,835.389    3,811.119 
 CSI300>                                                                      
 前営業日終値        3,837.730                                                           
 
    
    
    中国株式市場は続落。複数の都市で新たな不動産市場抑制策が導入
されたことを嫌気して不動産株が売られた。
    上海総合指数       終値は10.9807ポイント(0.33%
)安の3341.5487。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する
CSI300指数         終値は19.999ポイント(0.52%
)安の3817.732。
    不動産株は5.1%下落し、2016年初め以来の大
幅な下げとなった。
    中国の複数の都市は週末に相次いで不動産規制を強化し、10月中
旬に控える5年に1度の中国共産党大会を前に、投機的な住宅購入を抑
制する姿勢を鮮明にした。
    不動産業界に対する不正融資の取り締まりを強化する動きも出てい
る。
    当局による環境規制強化が需要を圧迫し、経済成長を押し下げると
の懸念も投資家心理を悪化させた。
    UBSのストラテジスト、ガオ・ティング氏によると、一部の投資
家の間では中国経済の減速観測や世界的な景気回復の持続性を巡る懸念
が浮上している。
    同氏は、環境規制の強化によって多くの中小資源会社が生産停止に
追い込まれ、投資が落ち込む可能性があるとし、一方でコスト上昇が消
費者まで波及し、需要を圧迫する恐れがあると指摘。「今後のピークシ
ーズンに需要が予想より軟調になれば、商品価格と関連株価がいずれも
下落する可能性がある」との見方を示した。
    資源株指数は2%安。
    一方、ディフェンシブセクターには買いが入り、消費者関連<.CSI3
00CS>は1.6%高、ヘルスケアは1.3%高となった。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります
)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below