April 20, 2017 / 8:16 AM / 9 months ago

中国・香港株式市場・引け=中国5営業日ぶり反発、「雄安銘柄」急落も

    [上海 20日 ロイター] - 
    
 中国                  終値    前日比        %      始値        高値        安値  売買代金概
                                                                                            算
 上海総合指数<.SSE  3,172.10  + 1.4136    + 0.04  3,165.66  3,178.1826  3,148.1844  2199.2億元
 C>                       03                           50                           
 前営業日終値       3,170.68                                                        (上海A株
                          67                                                                )
 CSI300指数<  3,462.09   + 16.21    + 0.47  3,444.52  3,465.609   3,440.715   
 .CSI300>                  0         4                  3                           
 前営業日終値       3,445.87                                                        
                           6                                                        
 
    
    中国株式市場は5営業日ぶりに反発した。消費関連やヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄に買い戻
しが集まる一方、小型株や新経済圏「雄安新区構想」に関連した銘柄は売られた。
    上海総合指数       終値は1.4136ポイント(0.04%)高の3172.1003。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値
は16.214ポイント(0.47%)高の3462.090。
    中泰証券は最新の戦略リポートで、規制政策の強化や金融政策を巡る環境を理由に株式市場の不安定
さは続くとの見通しを示した。
    また中国株は、経済成長や企業利益の伸びが近く陰り始めるとの懸念が重しとなっている。ただ、政
府が19日、失業率上昇の場合に政策面での支援が必要だと訴えたことに投資家の期待も集まった。
    消費関連指数とヘルスケア指数はともに2%を超える上昇。また、酒造株指
数は3.3%高だった。
    一方、北京金隅や保定天威集団など、雄安新区構想から利益を得るとみられ
る企業は値幅制限となる10%安まで下げた。
    雄安新区は優良な不動産・インフラ投資案件とみられているものの、計画に関わる企業の株価が急騰
しており、規制当局から過度な投機だと警戒する声も出ている。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below