September 3, 2019 / 3:36 AM / 13 days ago

中国政府に辞任申し出たことは一度もない=香港行政長官

[香港 3日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は3日、政治的混乱を終わらせるために中国政府に辞任を申し出たことは一度もないと述べた。

ロイターは先に、先週開かれた実業家グループとの非公開会合で林鄭氏が、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると発言したと報じていた。

この報道について同氏は記者会見で「辞任を申し出たことは一度もない」と強調。私的会合での発言内容がメディアに漏れたことは非常に遺憾だと述べた。

行政長官にとどまるかどうかは自身が決めることだとし、現在の香港政府で危機は解決できるとの見方を示した。

香港では、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に端を発する大規模デモが6月以降続いており、収束の兆しが見えていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below