February 27, 2017 / 9:45 AM / a year ago

中国、不動産税導入しても金融リスクに対応可能=経済参考報

[北京 27日 ロイター] - 中国国営新華社系の経済専門紙、経済参考報は27日、1面の論評記事で、中国は不動産税の導入により住宅市場の調整が起きた場合、結果として生じる金融リスクに対応できるとの見解を示した。

不動産税の導入で住宅バブルが崩壊し、銀行の不良債権が急増するとの懸念を払拭(ふっしょく)するのが狙い。

同紙は「市場に短期的な衝撃をもたらす可能性はあるものの、リスクは全般的に対処可能だ」とし、住宅価格の20%下落に対応できると予想した。

中国は不動産投機の抑制につながる不動産税の導入について長年検討してきたが、歳入の大部分を土地の売却に頼る地方政府などからの反発に直面しほとんど進展しておらず、不動産税が試験導入されているのは現在、上海と重慶の2都市のみとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below