for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂、4―6月期営業利益は前年同期の5倍超 巣ごもり需要捉える

[東京 6日 ロイター] - 任天堂は6日、2020年4―6月期の連結営業利益が前年同期比5倍超の1447億円だったと発表した。前期に発売したゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の人気が継続したほか、今期発売のタイトルも好調で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり」需要を捉えた。

コロナの影響で一時、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」本体などの部品調達に支障が出ていたが、生産は概ね回復した。

2021年3月期の営業利益予想は前年比14.9%減の3000億円で据え置いた。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は3865億円。ゲーム機「スイッチ」の販売数予想も前年比9.6%減の1900万台から変更しなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up