August 20, 2018 / 2:38 PM / a month ago

伊政府幹部、19年の債務比率3%超え排除せず インフラ投資必要

[ローマ 20日 ロイター] - イタリア連立政権を構成する「同盟」の幹部、ジャンカルロ・ジョルゲッティ氏は20日、北部ジェノバで14日に発生した高速道路高架橋の崩落事故に言及し、2019年の債務の国内総生産(GDP)に対する比率が3%を超える可能性は排除できないとの考えを示した。

ジョルゲッティ氏はスカイTG24に対し、43人が死亡した高架橋崩落事故で、国内のインフラを緊急的に修復する必要性があることが浮き彫りになったと指摘。「大規模な公共投資が必要となっている」とし、こうした投資が財政赤字の算出から除外されるよう欧州連合(EU)と交渉していくと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below