Reuters logo
保護主義の兆し見られず、台頭すれば経済損ねる=ラガルドIMF専務理事
2017年11月8日 / 07:39 / 9日後

保護主義の兆し見られず、台頭すれば経済損ねる=ラガルドIMF専務理事

[東京 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は8日、都内でロイターの単独取材に応じた。保護主義の高まりは「現在の開かれた経済を損ねる可能性がある」とする一方、「現段階ではその兆しはみられない」と分析した。日銀の金融政策を巡っては、市場との対話が明確な点などを挙げつつ、黒田東彦総裁の姿勢を評価。消費税の使途変更については「短期的には成長にプラス」との見方を示した。 (梅川崇、木原麗花)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below