November 6, 2019 / 5:35 AM / 16 days ago

円債こうみる:株先買いにシフトの動き、海外の金利上昇が波及=AB 駱氏

[東京 6日 ロイター] -

<アライアンス・バーンスタイン 債券運用調査部長 駱 正彦氏>

円債金利上昇の背景は、海外の金利上昇だ。米株が過去最高値を更新するなか、CTA(商品投資顧問業者)やリスク・パリティ・ファンドが債券先物を売って、株式先物に乗り換えている可能性がある。長期投資家も、日銀の金融緩和期待が後退する中で、売りに転じているようだ。

日本の長期金利は節目のマイナス0.1%を上回ってきたが、海外の金利上昇が止まらないなかでは、円債の金利上昇も止まらないだろう。米中通商協議で第1段階の部分合意への期待感が高まっている。しばらくゼロ%からマイナス0.1%のレンジで推移しそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below