November 8, 2019 / 1:13 AM / 6 days ago

円債こうみる:米債対比で過度な金利上昇=東海東京証 佐野氏

[東京 8日 ロイター] -

<東海東京証券 チーフ債券ストラテジスト 佐野一彦氏>

米中通商協議の進展期待を背景に米金利が上昇、円債金利も上昇している。ただ、足元の円債金利の上昇は、行き過ぎ感が強くなっている。米国債市場では10年物金利が2%に近づいているが、2%付近で推移していた今年7─8月当時、日本の10年債はマイナス0.1%付近だった。足下のマイナス0.05%付近の水準は高すぎだろう。

日銀の追加緩和期待は後退しているが、イールドカーブ・コントロールやマイナス金利政策をすぐやめるわけではない。米経済も来年は今年より減速しそうだ。中短期ゾーンも含め、金利が過度に上昇する場面は買いのチャンスだとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below