January 17, 2018 / 8:46 AM / a month ago

再送-インド株式市場・中盤=上昇、IT・民間銀行株が主導

 (見出しを修正しました。)
    [ 17日 ロイター] - 
    
 インド               日本時間17時17      前日比       %        始値  出来高概算
                      分                                               
 SENSEX指数<.B        34,982.97   + 211.92   + 0.61   34,753.80    3.55億株
 SESN>                                                                 
 前営業日終値               34,771.05                                            
                      日本時間17時32      前日比       %        始値  出来高概算
                      分                                               
 NSE指数                 10,749.70    + 49.25   + 0.46   10,702.45            
 前営業日終値               10,700.45                                            
 

    中盤のインド株式市場は上昇。全般的に安値拾いの買いが見られる
中、インフォシスなどIT株やICICI銀行など
民間銀行株が値上がりした。
    企業決算の改善を予想する投資家の心理は依然上向きだ。昨年同期
の決算は高額紙幣廃止の影響を受けたことから、なおさら今回の決算は
期待されている。
    証券会社レリゲア・セキュリティーズのリテール調査担当者は「株
価は週ごとに高値を更新しているので、人々はこの機会をつかもうとし
ている」と説明した。
    インフォシスがNSE指数の上昇を主導。一時は3.5%急伸し、
8営業日続伸に向かっている。タタ・コンサルタンシー・サービシズ<T
CS.NS>は2.6%上げて上場来高値を付けた。
    ニフティIT株指数は一時1.8%上昇した。
    先ほどのレリゲア・セキュリティーズの調査担当者は「昨日のルピ
ーの大幅下落や、安値拾いの買いがIT株を支えている。IT企業は売
上高の米国依存度が高いので、ルピー安は常に好都合だ」と語った。
    民間銀も上げ、ICICI銀行が一時3%上昇したほか、アクシス
銀行は2%高。ニフティ民間銀行株指数は0.
7%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below