September 11, 2019 / 6:09 AM / in 9 days

再送-内閣改造こうみる:ポスト安倍に3K+M 最後の人事か=双日総研 吉崎氏

(漢字変換を一部修正しました。)

[東京 11日 ロイター] -

<双日総合研究所 チーフ・エコノミスト 吉崎達彦氏>

まず、今回の改造人事は手際のよさが目立った。11日付朝刊に全閣僚の名前がそろって報道されたが、これまでにあまりなかったことだ。

また、安倍晋三首相が引き立てたいと思ってきた人を何人も閣僚にした。ある意味で「最後の改造人事」と思って、安倍首相が人事を行ったようにもみえる。

言い換えれば、自民党総裁の4選は考えず、来年の東京五輪を花道にして、後進に道を譲ることも念頭にあったのではないか。

全体で見れば、なかなかよい内閣だと思う。自民党役員を含めれば、岸田文雄政調会長、加藤勝信厚労相、茂木敏充外相、河野太郎防衛相という3KプラスMをポスト安倍候補として競わせる布陣にした。ようやく次の世代を育てる気になってきたのかと感じた。

その下の世代の西村康稔経済財政相、萩生田光一文部科学相、江藤拓農水相、菅原一秀経産相にどのくらいの伸びしろがあるのか、それを見ていく「楽しみ」もある内閣と言える。

一方、菅義偉官房長官の影響力が増した。菅氏の地元・神奈川県出身の閣僚が小泉進次郎環境相を含め、4人に上っている。ポスト安倍を見極めるうえで、菅氏の動向は今まで以上に注目されるだろう。

小泉氏は、環境相の所管外とは言え、福島第1原発の汚染水処理などで、その手腕が問われる局面が訪れるかもしれない。

他方、「女性活躍」という看板に比して、女性閣僚が2人にとどまったのは、物足りない印象だ。

今年11月には桂太郎内閣を抜き、史上最長の内閣になるが、目立ったレガシーが見当たらないのも事実。2度の消費税引き上げを断行し、景気失速を招かなかったことが、心ならずもレガシーになるということになりそうだ。

永田町には今年11月の衆院解散を指摘する声があるが、これだけ「愛着」のある閣僚を集め、2カ月余りで「クビ」するのは忍びないという心情があるような気がする。

したがって来年の五輪を花道に引退しつつ、国政選挙6連勝の実績を看板に、清和会(細田派)の領袖として、政界に影響力を持ち続ける道を選ぶのではないかと予想している。 (田巻一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below