November 19, 2018 / 2:49 AM / 22 days ago

再送-円債こうみる:日銀オペ減額の可能性を意識=岡三証 鈴木氏

(検索コードを追加しました。)

[東京 19日 ロイター] -

<岡三証券 債券シニアストラテジスト 鈴木誠氏>

10年最長期国債利回り(長期金利)が節目の0.1%を割り込んだ。世界経済の減速や米利上げ観測の後退などの要因で、円債市場に安全資産としての需要が強まっている状況にある。

日銀は基本的にさらに金利に低下圧力がかかれば、オペのオファー額を小幅ながら減額してくる可能性がある。現状の相場展開が続けば、月末週にも減額があるかもしれない。

となれば、円債市場の上値を一気に買い進む地合いにはならず、高値への警戒感が浮上しそうだ。あすの20年債入札を控えていることもあり、同ゾーンの0.6%台前半で重くなるのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below