February 23, 2018 / 2:20 AM / 6 months ago

再送-指標予測=1月鉱工業生産は前月比‐4.2%、4カ月ぶり低下 自動車生産が下押し

 (この記事は23日に配信しました。)
    [東京 23日 ロイター] - ロイターがまとめた民間調査機関の予測によると、
1月鉱工業生産指数の予測中央値は前月比4.2%の低下となった。4カ月ぶりに低下す
る見通し。自動車生産が12月の増産の反動などで一時的に慎重化する影響が大きいとみ
られる。ならしてみれば生産は拡大基調が続いているとの見方が大勢。
     
調査機関からは、例年よりやや遅めの春節の影響がどのように出るか、まだ予断を許さな
いとの指摘もある。
もっとも生産の先行きについても、好調な輸出や企業収益にけん引されて拡大基調を維持
できるとの見方が出ている。ただ「価格競争力を削ぐ円高進行には一定の留意が必要」(
SMBC日興証券)との見方や、「世界の金融市場が再び調整局面に入り、それが長期化
した場合、逆資産効果等を通じて実体経済にも悪影響が及ぶ可能性に注意が必要」(三菱
総研)といった指摘もある。
    
    各社の予想は以下の通り。 (%)
                           前月比
 中央値                     -4.2
 最大値                     -3.7
 最小値                     -5.3
 回答社数                    19
                                       
 Barclays Secs JP           -3.9
 BNP Paribas GB             -3.8
 Citigroup                  -4.5
 Dai-ichi Life              -4.5
 Daiwa IR                   -3.8
 Informa Global             -3.8
 JPMorgan                   -4.0
 Mitsub UFJ MS              -5.3
 Mizuho RI                  -4.3
 Mizuho Security            -4.2
 MRI                        -4.8
 MS MUFG Secs               -3.8
 MURC                       -4.4
 NLI Research               -4.6
 Nomura Co                  -4.5
 Norinchukin                -4.0
 SCB Rch Inst               -3.7
 SMBC Nikko Sec             -3.8
 Sumitomo Asset             -4.3  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below