April 27, 2018 / 6:29 AM / 6 months ago

再送-日銀会合こうみる:長期戦の構え、物価下方修正へ予防線=野村証 美和氏

(記事検索コードを追加しました。)

[東京 27日 ロイター] - <野村証券金融経済研究所 チーフエコノミスト美和卓氏>

2%目標の達成時期を削除したことで、(緩和政策について)長期線の構えを強めたとの印象を持った。  一つ目の理由は、日銀自身が物価には下ぶれリスクがあると言っており、19、20年度も1.8%の見通しにとどめているところをみると、見通し下方修正への予防線と言えるのではないか。  二つ目の理由として、片岡委員が達成時期が遅れるなら追加緩和が必要と発言しているため、日銀としては追加緩和の可能性を排除したかったのだろうとみている。  逆に政策フレキシビリティを高めたとの解釈もあろうが、そこまでは読めないと思っている。現在の日銀の発信からみて、2%に届かないうちに金利引き上げに動くといった早まった選択肢が視野に入るような状況ではない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below