July 30, 2019 / 9:34 AM / 19 days ago

再送-日銀総裁会見こうみる:円高進まず武器温存=オックスフォードエコノミクス 長井氏

(記事検索コードを追加しました。)

[東京 30日 ロイター] -

<オックスフォード・エコノミクス 在日代表 長井滋人氏>

日銀は武器を温存した形だ。欧州中央銀行(ECB)理事会の後も、米連邦準備理事会(FRB)の7月利下げが市場で織り込み済みとなっても、円高がそれほど進んでいない。

このまま何もせず、取引量が減少しがちな夏を迎えるのはやや心配ではある。しかし9月の米利下げまで、ある程度織り込んだ為替相場が現在の状況であれば、今回は動かなくとも良いだろうとの判断があったのではないか。

日銀の次の一手として考えられるのは長期金利の変動幅拡大だが、一方で米国景気は底堅く、市場の米利下げ期待は過剰だと見ている。今後それが修正されれば、これまでのドル安/円高地合いが逆転する可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below