February 8, 2018 / 3:05 PM / 5 months ago

再送-米FRB、賃金・物価上昇し始めるまで利上げすべきでない=ミネアポリス連銀総裁

(見出しの脱字を補って再送しました)

[8日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は8日、賃金とインフレが上昇し始めるまで連邦準備理事会(FRB)は利上げするべきではないとし、米経済はそうした状態からは「程遠い」との考えを示した。

同総裁は賃金の伸びが鈍く、インフレ率が2%としているFRBの目標を下回るなか「なぜ経済を冷え込ませるのか」と指摘。賃金とインフレの上昇からはまだ程遠い時点にあるとの認識を示したほか、減税により賃金と雇用が押し上げられるのか判断するのは時期尚早との見方も示した。

カシュカリ総裁は昨年の連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ決定に反対票を投じている。同総裁は今年のFOMCでは投票権を持っていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below