June 28, 2018 / 5:16 AM / 5 months ago

出光株主総会、統合についての詳細説明なし

[東京 28日 ロイター] - 出光興産は28日、東京都内で株主総会を開いた。出席した一般株主によると、昭和シェル石油との合併に反対していた創業家側との協議を再開したとの報告が会社側があったものの、統合の見通しなどについての説明はなかったという。

2時間ほどで終了した総会には約300人の株主が出席。月岡隆会長ら取締役の選任など4議案はいずれも承認された。

総会はメディアには非公開で、会社側はどのようなやり取りがあったかについては明らかにしていない。複数の出席者によると今年の総会では創業家側と思われる株主からの発言はなかった。

昭和シェルとの経営統合を巡っては、27日、出光興産は創業家側との間で協議を再開したことを発表した。2019年4月に合併する方針を固めたとの報道もあるが、それについて会社側から総会で具体的な説明はなかったという。

個人株主の69歳の男性は「時間をかけて円満に解決したなと思う」と評価。創業家が統合に反対してきたことについては「大義名分がない。国策にも合わないし、世の中の流れにも反する」と述べた。 (浦中 大我)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below