February 12, 2019 / 8:18 PM / 5 months ago

北朝鮮、すべての核兵器放棄する公算小さい=米インド太平洋軍司令官

[ワシントン 12日 ロイター] - 米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官は12日、北朝鮮がすべての核兵器を放棄する公算は小さいとの見解を示した。

トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月27─28日にベトナムで2回目の会談に臨む。

デービッドソン司令官は、上院軍事委員会で行った口頭での証言で今月の米朝首脳会談に対する楽観的な見方を表明したものの、書面での証言では北朝鮮の意図に対する疑念を表明。

「インド太平洋軍による北朝鮮の非核化に対するアセスメントは情報機関の見解と一致する。インド太平洋軍は、北朝鮮がすべての核兵器もしくは製造能力を放棄する公算は小さいが、米国および国際社会の譲歩と引き換えに部分的な非核化を巡り交渉しようとしているとみている」とした。

同司令官は北朝鮮が2017年に核・ミサイル実験を停止してから緊張は緩和しており、北朝鮮は非核化に向けある程度の措置は取ったとの認識を表明。ただこうした動きは覆すことができるとし、「有意な進展を得るためにまだなすべきことは多い」と述べた。

また、北朝鮮は米国に対し「相応の措置」を要求しており、金委員長は年初の演説で「新たな道筋」の可能性について警告したとも指摘。このことは、金委員長が交渉に満足しなかった場合、核・ミサイル実験を再開させる可能性があることを示唆しているとの見方を示した。

デービッドソン司令官が示した見解について、ホワイトハウスはコメントを控えている。

国務省報道官は、国務省は昨年6月の1回目の米朝首脳会談で得られた確約は順守されると引き続き確信しているとし、「世界は金委員長が示した非核化に対するコミットメントに注目している」と述べた。

東欧を訪問中のポンペオ国務長官はこの日、ベトナムで行われる米朝首脳会談で「大きな進展」が得られることに期待を表明。「朝鮮半島の安全と平和、朝鮮半島の非核化、北朝鮮国民の明るい未来の構築に向けた状況整備といった、昨年6月の会談での主要な合意1つ1つで進展があることを期待している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below