July 22, 2019 / 1:19 AM / a month ago

参院選こうみる:想定内、市場の視線は日米貿易交渉・消費増税に=三井住友DSAM 市川氏

[東京 22日 ロイター] -

<三井住友DSアセットマネジメント シニアストラテジスト 市川雅浩氏>

今回の参院選結果は想定の範囲内だった。与党の自民、公明両党で改選過半数を上回ったものの、改憲勢力として必要な議席数を獲得できないという結果は、事前の世論調査や報道で見えていた。

また、今回の選挙結果により金融・財政政策の枠組みが変わるとも考えられない。今まで通りの基本方針が維持されるだろう。

このため、選挙結果は市場にとってマイナスの要因でもプラスの要因でもない。株高、円安が進むとも考えられない。

今後の株価の材料とされる政治的なイベントとしては、日米の貿易交渉、10月の消費増税の方が注目される。選挙の結果による株価への影響は、きょう1日で消化されると考えていい。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below