Reuters logo
台湾株式市場・中盤=4日ぶり反発、米大統領議会演説後の海外株高に追随
2017年3月2日 / 03:01 / 9ヶ月前

台湾株式市場・中盤=4日ぶり反発、米大統領議会演説後の海外株高に追随

    [台北 2日 ロイター] - 
 台湾              日本時間11時48     前日比        %       始値      売買代金概算
                               分                                  
 加権指数                9,685.20    + 10.42    + 0.11   9,727.60   445.1億台湾ドル
 前営業日終値            9,674.78                                                  
 
    台湾株式市場の株価は、4営業日ぶりに反発した。アジア株の値動きや前日の米株高に
追随している。トランプ米大統領による初の議会演説が慎重な内容だったことが投資家心理
を後押しした。
    加権指数は日本時間11時48分時点で10.42ポイント(0.11%)高の
9685.20。
    金融保険指数は1.2%高、電子製品指数は0.6%高。
    活発に取引された銘柄では、電子機器受託製造(EMS)大手の和碩聯合科技(ペガト
ロン)と光学部品製造大手の大立光電(ラーガン・プレシジョン)がそ
れぞれ1%超上伸した。どちらも米アップルのサプライヤー。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below