Reuters logo
台湾株式市場・午後=続落、米大統領の議会演説影響か
2017年3月1日 / 05:47 / 9ヶ月後

台湾株式市場・午後=続落、米大統領の議会演説影響か

    [台北 1日 ロイター] -   
 台湾                  日本時間14    前日比        %        始値  売買代金概
                           時33分                                          算
 加権指数                9,674.78   - 75.69    - 0.78    9,751.12   981.0億台
                                                                       湾ドル
 前営業日終値            9,750.47                                            
 
    午後の台湾株式市場の株価は続落した。上昇後に値を消す展開。トランプ米大統
領が議会演説で、税制・入国管理改革で経済を押し上げ、国内問題に集中する考えを
強調したことが背景にある。
    台湾は貿易依存度が高く、米国内に製造業を呼び戻そうとする新政策は台湾経済
を脆弱(ぜいじゃく)にする可能性があるとアナリストらは解説した。
    1日発表された台湾の製造業購買担当者景況指数(PMI)は4カ月ぶりの低水
準だった。
    加権指数は日本時間14時33分時点で75.69ポイント(0.78%
)安の9674.78。
    台湾の株式・金融市場は祝日のため27、28の両日とも休場だった。
    電子製品指数は0.8%安、金融保険指数は0.3%安。
    活発に取引された銘柄では、金融大手の台新金融が0.8%安。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below