for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

商船三井、通期予想3度目の上方修正 期末配当は従来予想の倍に

 10月29日、商船三井は、2022年3月期連結業績予想を上方修正すると発表した。通期予想の上方修正は3度目。写真は都内で昨年9月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 商船三井は29日、2022年3月期連結業績予想(7月30日公表)を上方修正すると発表した。通期予想の上方修正は3度目で、売上高は1兆2200億円(従来1兆1000億円)、純利益は4800億円(同3350億円)に見直した。コンテナ船事業を運営する持分法適用会社ONEで荷動きや賃料が想定を上回って推移したほか、ドライバルク船市況の影響や自動車船の荷量の回復傾向などを踏まえた。

配当も250円を見込んでいた期末配当を500円とし、年間配当予想は800円(従来予想550円)に引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up