Reuters logo
四半期末の国債、来年6月から翌日発行 2年債は翌月1日=政府筋
2017年6月22日 / 06:32 / 5ヶ月前

四半期末の国債、来年6月から翌日発行 2年債は翌月1日=政府筋

[東京 22日 ロイター] - 財務省は、国債償還が多い月の国債発行を2018年6月から翌営業日とする方針だ。政府筋が明らかにした。年金支払いに併せて発行を遅らせてきた満期2年の国債は18年5月入札分から翌月1日発行とし、現状から約2週間前倒しする。

対象となるのは3、6、9、12月の満期5年から30年の国債。現在、入札から2営業日後に発行している通常の国債発行日が18年5月1日から原則翌日となるのを機に、四半期末の国債も発行までの期間を短縮する。

期間短縮に伴い対象となる国債の償還月を見直す。3、6、9、12月発行の国債は、償還月を前月・前々月分にそろえる。

一方、その翌月発行分(1、4、7、10月)から償還を3カ月延ばして新規に発行する案を軸に、月内に市場参加者と調整し、正式に決める。 (山口貴也 編集:田巻一彦)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below