March 29, 2018 / 6:03 AM / a month ago

国際機関債の取引で談合、ドイツ銀とメリルが独禁法違反=公取委

[東京 29日 ロイター] - 公正取引委員会は29日、ドイツ銀行のドイツ法人とメリルリンチの英国法人が、米ドル建て国際機関債の取引で独占禁止法違反の受注調整を行っていたと発表した。国際機関債の取引で、公取委が違法行為を認定するのは初めて。

公取委によると、欧州投資銀行が発行した債券の引き受け金融機関に対し、顧客である三菱東京UFJ銀行が新発債を3億ドル購入する代わりに、同行が保有する2億5000万ドル分の既発債を買い取るよう要請。しかし、引き受け金融機関の一角をなすドイツ銀とメリルのトレーダーが既発債の買い取り価格を談合。ドイツ銀が受注するように調整したという。

既発債の違法取引は2012年5月30日に行われた。すでに除斥期間(行政処分が可能な期間)5年が経過しており、公取委は課徴金などの罰則を課すことができない。このため、違反者を公表することで注意喚起した。

ドイツ銀、メリルともすでに再発防止策を実行しているため、公取委はコンプライアンス徹底のための行政指導は行わない。

今回の独禁法違反について、バンクオブアメリカ・メリルリンチの広報担当者はノーコメントとした。ドイツ銀の広報担当者からはコメントを得られていない。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below