April 12, 2018 / 8:32 AM / 12 days ago

安川電、売上・利益とも最高予想 人手不足で自動化の流れ継続

[東京 12日 ロイター] - 安川電機は12日、2019年2月期の連結営業利益は前年比14.7%増の655億円を見込んでいると発表した。制御装置などのモーションコントローラーや産業用ロボットが引き続き好調に推移すると予想、過去最高を更新する見通しだ。今期から決算期を2月期に変更したため、前年比較は参考値となる。

会見した村上周二専務は「人手不足による自動化の流れは当面続くだろう」と語った。

売上高は前年比9.8%増の5100億円と、利益とともに過去最高を計画。すべてのモノがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)の普及で半導体需要が拡大していることも追い風となる。

村上専務は「半導体の製造設備が足らず、どんどんつくらないといけない状況にある。この流れも当面続くだろう」との見通しを示した。「第5世代(5G)携帯電話システムが出てくると、この動きがさらに加速してくる」としている。

前提となる為替レートは1ドル105円、1ユーロ130円。村上専務は「中国と米国と貿易関係のリスクでかなり円高に振れてきたが、おいおい解決するだろう。105円を底に若干円安が期待できるのではないか」との見方を示した。

今期の営業利益ベースの為替感応度(1円変動による増減要因)は、ドルが2.3億円、ユーロが1.7億円を見込んでいる。

2018年2月期決算は売上高が4485億円、営業利益が541億円と、いずれも過去最高だった。 (志田義寧)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below