September 23, 2019 / 7:32 PM / in a month

常設レポ・ファシリティー、短期市場安定化に貢献=米セントルイス連銀総裁

[エッフィンガム(米イリノイ州) 23日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日、短期金融市場で先週見られたような問題の再発防止に向け、恒常的なレポ・ファシリティーを設置することが中期的な解決策となるとの考えを示した。

総裁は恒常的なレポ・ファシリティーについて、市場で資金不足が発生し金利が上昇し始めた際は「金利上昇に歯止めをかけられる」と指摘。「利用されることは少ないと予想されるが、存在自体が安定化につながる」と述べた。

連邦準備理事会(FRB)はレポ・ファシリティーの常設について検討はしているが実際に設置はしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below