for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

年金生活者向けの給付金支給、自公幹部が首相に申し入れ

 3月15日、自民、公明両党の幹事長と政調会長が首相官邸を訪れ、年金生活者への給付金の支給を実現するよう岸田文雄首相に要請した。写真は現金を数える人。2013年2月に都内で撮影(2022年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 15日 ロイター] - 自民、公明両党の幹事長と政調会長が15日、首相官邸を訪れ、年金生活者への給付金の支給を実現するよう岸田文雄首相に要請した。新型コロナウイルスの感染拡大による賃金低下の影響が、年金支給額に響くことを緩和するのが狙い。夏に参院選を控え、エネルギー・食品価格高騰で特に生活への影響が大きい年金生活者への支援を実現したい意向だ。

提言書では「年金生活者は賃上げの恩恵が及びにくい」と指摘し、すでに支援が講じられている住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給対象者を除く、高齢者及び障害・遺族年金受給者を対象に、 新型コロナの影響による賃金低下が与える影響(基礎的年金部分)を払拭する水準の金額を支援するよう要請した。

(竹本能文)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up