June 7, 2019 / 2:37 AM / 12 days ago

指標予測=1─3月期実質GDP2次速報、年率+2.1%で1次速報と変わらず

    [東京 7日 ロイター] - ロイターがまとめた民間調査機関の予測によると、1
─3月期実質国内総生産(GDP)2次速報の予測中央値は、前期比プラス0.5%、年
率プラス2.1%で、1次速報と変わらずとなった。設備投資の予測値はプラス0.5%
となり、1次速報のマイナスからプラス転換する見通し。
    市場では、民間企業設備(設備投資)が上方修正されるものの、公的固定資本形成(
公共投資)と民間在庫変動(在庫投資)の下方修正が響く、とみる声が多い。「内需の伸
びは弱く、日本経済は力強さに欠いているという評価は変わらず」(みずほ総研)という
。また、設備投資がプラスに上方修正されるものの「製造業を中心に設備投資の先行き見
通しは悪化している。非製造業の設備投資が支えようが、製造業の失速により設備投資全
体は2019年度に減速へ向かうだろう」(SMBC日興)との指摘が出ている。
    
    1次速報は前期比プラス0.5%、年率プラス2.1%だった。  
  
    予測結果は以下の通り。
                                   (%)
                      前期比       前期比年率      設備投資前期
                                                     比
 1次速報               +0.5           +2.1             -0.3
 2次速報中央値         +0.5            +2.1              +0.5
 最大値                 +0.7            +2.7              +0.9
 最小値                 +0.3            +1.2              -0.3
 回答機関数              17              17                17
              

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below