for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

政局こうみる:金融政策への影響限定的、為替市場は反応薄=三菱UFJMS証券 植野氏

[東京 3日 ロイター] -

<三菱UFJモルガンスタンレー証券・チーフ為替ストラテジスト、植野大作氏>

菅義偉首相が自民党総裁選の出馬を見送り、辞任の意向を固めたと伝わったが、為替市場への影響は今のところ限定的となっている。今後、誰が首相になるのかといった不透明感もあり、ドル/円相場はやや円売りが進行したが、報道後の値幅は20銭ほどと限られている。

株式市場では日経平均が大きく値上がりするなど影響が大きいが、マーケットによって政治ネタに対する反応には温度差がある。菅首相が辞任し首相が変わったとしても、直接的に日本の金融政策に大きな変更がある可能性は低く、為替マーケットでは反応が薄いようだ。

また、市場関係者の関心は今晩米国で発表される8月雇用統計に向かっているため、菅首相辞意の報道はサプライズだったが、インパクトはそれほど大きくない。

目先のドル/円相場は、米雇用統計の結果次第ではあるものの、109円前後から111円付近で推移するとみている。雇用統計後はFOMC(米連邦公開市場委員会)をにらみ、再び様子見姿勢が強まりそうだ。

浜田寛子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up