December 27, 2019 / 12:48 AM / 22 days ago

政府、中東への自衛隊派遣を閣議決定

[東京 27日 ロイター] - 政府は27日、自衛隊の中東派遣を閣議決定した。防衛省設置法に基づく「調査・研究」目的で海上自衛隊の護衛艦とP-3C哨戒機が活動する。活動範囲はオマーン湾、アラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側のアデン湾の3海域でいずれも公海上。

防衛省設置法第4条に基づく調査・研究目的の派遣では武器使用が認められない。このため、日本関係の船舶が攻撃されるなど不測の事態が起きた場合は、自衛隊法上の海上警備行動を発令することとなる。

菅義偉官房長官は今年10月、自衛隊の中東派遣について、中東地域の平和・安定と日本に関係する船舶の安全確保のために行うと説明。米国などが提案する海洋安全保障イニシアティブには参加せず、日本独自の取り組みを進めるとしていた。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below