February 27, 2020 / 3:10 PM / 3 months ago

新型肺炎で米金融緩和観測高まる、3月利下げ確率60%

[27日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から米経済を守るために、連邦準備理事会(FRB)が早くて来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測が金融市場で高まっている。

CMEグループのフェドウオッチによると、FRBが3月17─18日に開くFOMCで利下げを決定する確率は約60%であることが市場で織り込まれている。トランプ米大統領は26日、新型ウイルス対策の責任者にペンス副大統領を指名すると発表。この発表前時点の26日の確率は33%だった。

市場では、3月の利下げに続き、6月に今年2回目、9月に3回目の利下げが実施されるとの見方も織り込まれている。

FRB当局者はこれまでのところ様子を見る姿勢を示しており、近い将来の利下げは今のところ示唆されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below