February 28, 2018 / 12:22 AM / 6 months ago

新FRB議長証言こうみる:タカ派的、日銀買入減額に追い風も=三菱UFJMS 稲留氏

[東京 28日 ロイター] -

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニア債券ストラテジスト 稲留克俊氏>

予想通りにタカ派的と受け止められた。年内の利上げ回数が3回になるのか、4回になるのか、具体的な言及を避けながら、米経済・物価に対して強気な認識を示し、利上げ継続姿勢を示した。

米10年債利回りは2.90%から上振れることもなく、議会証言を無難に消化した印象だ。今後、米利上げ加速の思惑が高まる可能性も否定できない。

円債市場では、利回り低下を食い止めるべく日銀が国債買い入れ減額に踏み切るとの観測がくすぶっている。仮に日銀が減額に踏み切ったとしても、リスク回避ムードが強まりなどで、一方的な円高が進む可能性が小さくなったとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below