for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日中首脳が3年ぶり対面会談、岸田首相「建設的な関係を加速」

[17日 ロイター] - 岸田文雄首相は17日夜、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議のため訪れているタイのバンコクで中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳の対面会談は、安倍晋三政権時の2019年12月以来およそ3年ぶり。

岸田首相は会談の冒頭、両国は地域と国際社会の平和と繁栄にとって重要な責任を有する大国だ、とし、「建設的で安定的な関係の構築を双方の努力により加速していくことが重要」と語った。

日中は今年、国交正常化50周年を迎えた。これまで経済面でのつながりを強めてきたが、近年は中国の軍事的行動が日本や東アジア地域の安全保障上の強い懸念材料となっている。

日本が実効支配し、中国も領有権を主張する沖縄県尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺では、中国海警局の船による接続水域内の航行や領海侵入が相次いでいるほか、8月にはペロシ米下院議長の台湾訪問を受けて中国が大規模な軍事演習を実施し、弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。

岸田首相は16日、インドネシアのバリ島での20カ国・地域(G20)首脳会議後、記者団の取材に応じ、日中関係について、さまざまな可能性がある一方、さまざまな課題や懸案があるとし、「主張すべきは主張し、責任ある行動を求めながらも、協力すべき点については協力する」と述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up