June 10, 2020 / 8:00 AM / a month ago

日本の20年成長率は-6.0%、コロナ第2波なら-7.3%=OECD見通し

[東京 10日 ロイター] - 経済協力開発機構(OCED)は10日に発表した経済見通しで、日本の国内総生産(GDP)について、新型コロナウイルスの感染拡大が第1波で収束した場合は2020年は前年比マイナス6%、21年は同プラス2.1%になるとの予想を示した。

一方、感染第2波が起きた場合は、20年のGDPは同マイナス7.3%、21年は同マイナス0.5%になると予測した。

OECDは「日本経済は20年に戦後最大の不況へ向かい、21年の回復はせいぜい穏当なものとなる見込み」としている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (浜田寛子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below