May 28, 2019 / 11:39 PM / 4 months ago

日産など3社連合トップが協議、ルノーはFCAとの統合案説明へ

[東京 29日 ロイター] - 企業連合(アライアンス)を組む日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社は29日、日産本社(横浜市)で3社のトップが出席する定例会合を開く。アライアンス強化策を協議するほか、ルノーは27日に発表したフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合案の詳細についても、日産と三菱自に説明する予定。

日産は4月に筆頭株主でもあるルノーから経営統合案の提示を受けたが、一貫して反対の姿勢。FCAとの統合案を前向きに検討することを決めたルノーが、FCAとの統合に関してどのように説明するのか、これまで強く求めてきた日産との経営統合案を撤回するのかどうかなどに注目が集まる。

日産、ルノー、三菱自の3社は今春、アライアンス戦略を決める合議制による新会議体「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立。

会議体のメンバーは、ルノーのジャンドミニク・スナール会長、ティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)、日産の西川広人社長兼CEO、三菱自の益子修会長兼CEOの4人。今回は4月にフランスで初会合を開催して以来、2回目で、スナール会長とボロレCEOは28日に来日していた。 (白木真紀 編集:田巻一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below