January 9, 2019 / 4:36 AM / 15 days ago

日産の志賀取締役、6月の任期満了時に退任へ=関係筋

[東京 9日 ロイター] - 日産自動車の志賀俊之取締役(65)は、今年6月の任期満了に伴い取締役を退任する意向だ。関係筋が明らかにした。志賀氏は2005年から8年間にわたって最高執行責任者(COO)を務め、金融商品取引法違反などの疑いで逮捕、起訴されたカルロス・ゴーン前会長を長年にわたって支えてきた。 関係筋によると、志賀氏は6月に開催予定の定時株主総会をもって退任する見通し。志賀氏は、テレビ東京の8日の取材でも「任期が6月までなので、日産のガバナンス向上を最後の役目にして身を引くタイミングかなと(考えている)」と答え、「次の世代に譲るタイミング」と話していた。

志賀氏は1976年、日産に入社。99年の仏ルノーとの資本業務提携では交渉役として活躍した。2013年には業績不振を理由にCOOを退任して副会長に就いたが、経営の中枢からは実質的に外れた。その後は社外での活動が目立ち、政府系ファンドである産業革新機構の会長や経済同友会副代表幹事などを務めた。 日産の広報はコメントを控えている。 (白木真紀 編集:田巻一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below