November 8, 2018 / 7:53 AM / 10 days ago

日産、4─9月営業利益は25%減 原材料高や研究開発費が重し

[横浜市 8日 ロイター] - 日産自動車が8日に発表した2018年4―9月期連結決算によると、営業利益は前年同期比25.4%減の2103億円だった。原材料高、為替の影響、研究開発・生産費用などがかさんだ。

2019年3月期の通期業績予想、販売予想、想定為替レートはいずれも据え置いた。

通期の営業利益予想は前期比6.0%減の5400億円で、リフィニティブがまとめたアナリスト22人の予測平均値5437億円をやや下回る。売上高予想は同0.4%増の12兆円、純利益予想は同33.1%減の5000億円で、いずれも据え置いた。

今期の前提為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=130円を維持した。今期の世界小売販売計画は592.5万台で変更しなかった。このうち、北米は同230万台、中国が同169.5万台、日本が同61.5万台、欧州が同67.5万台としている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below