March 13, 2020 / 2:11 AM / 3 months ago

日経平均が一時1800円超す下げ、日銀が臨時資金供給オペ 3者会合実施へ

[東京 13日 ロイター] - 13日の東京市場では前日のニューヨーク株式市場の大幅下落を受け、日経平均株価が急落、一時は前日比1800円を超す下げとなった。午前10時52分現在、前日比1697.29円安の1万6862円34銭。1万7000円割れは2016年11月10日以来、約3年4カ月ぶりの安値水準。

新型コロナウイルスの感染拡大と世界経済に与える影響への懸念から世界の金融市場の波乱は日を追って拡大している。前日のニューヨーク市場ではダウ平均株価が2352ドル安となり、投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所のボラティリティ・インデックス(VIX)指数は急伸、金融危機以降で最高の水準となっている。

市場の沈静化に向け、日銀は午前9時30分、国債買い現先で5000億円の資金供給を通知した。同様の資金供給は日銀総裁談話を発出した今月2日と翌3日に通知して以来。

財務省幹部は朝方、12日夜に主要7カ国(G7)の次官級電話協議を実施し、市場動向を注視し、緊密に連介していくことを確認したと明らかにした。

こうした中で安倍晋三首相がトランプ米大統領と電話会談。新型コロナウイルスの感染症に関する両国の状況や感染拡大防止について意見交換し、世界経済への対応も協議した。

菅義偉官房長官は午前の会見で最近の市場動向について「個々の値動きにはコメントを控える」とする一方で「今後も各国と緊密に連携しながら、必要な政策を躊躇(ちゅうちょ)なく行う」と語った。西村康稔経済再生相は「強い緊張感をもって市場をみている」と述べた。

財務省、金融庁、日銀は午前11時40分から情報交換会合を開催する。 (石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below