July 15, 2020 / 5:04 AM / a month ago

日銀展望リポートこうみる:経済回復は不完全で物価も上がらず、日銀にとっては厳しい状況=JPモルガン証券 鵜飼氏

[東京 15日 ロイター] -

<JPモルガン証券 チーフエコノミスト 鵜飼博史氏>

実質国内総生産(GDP)は2020年度に5%程度落ち込み、その後、完全には戻らないという姿が示された。物価の見通しは22年度でプラス0.7%と目標の2%には程遠く、日銀の立場からすると厳しい状況が続く。

展望リポートでは、上記のように1)20年度の実質GDPの落ち込みから完全な回復はないということ、2)新型コロナの影響でより不確実性が高まっていること、3)インフレ率が上がらないこと──という3点が、共通の認識として示されたのではないか。

この後の黒田総裁の会見で、展望リポートで公表した数字の背景ではどのような政策議論が行われれているのか、経済・物価を押し上げるには何ができるか、また、経済の不完全な回復と物価が目標に届かないという現状の中で日銀はどういうスタンス、政策をとっていくかについてどういった発言が出るか注目される。 (浜田寛子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below