Reuters logo
日銀政策現状維持、片岡委員が15年物金利0.2%未満を提唱
2017年10月31日 / 03:31 / 22日後

日銀政策現状維持、片岡委員が15年物金利0.2%未満を提唱

[東京 31日 ロイター] - 日銀は31日の金融政策決定会合で短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度とする長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和の現状維持を賛成多数で決めた。

片岡剛士審議委員は前回に続き政策の現状維持に反対した。理由として、長期金利を引き下げるため15年物金利が0.2%未満となるような国債買い入れが適当とした。同氏は国内要因で物価目標の達成時期が後ずれする場合、追加緩和が適当と記述することを主張した。

同日公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では2017年度の物価見通しを従来の1.1%から0.8%へ、18年度見通しも1.5%から1.4%へそれぞれ引き下げた。19年度は従来の1.8%で据え置いた。

黒田東彦総裁は午後3時半から記者会見する。 

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below