March 24, 2017 / 5:30 AM / 10 months ago

日銀総裁講演こうみる:長期金利目標引き上げ現実的でない=ドイツ証 山下氏

[東京 24日 ロイター] -  <ドイツ証券 チーフ金利ストラテジスト 山下周氏>

国内外の金利はある程度連動するわけだが、日銀の金融政策は、金利が上がりやすい状況において金利をあるべき水準よりも低く抑えることによって緩和効果を発揮する。その意味では、今はイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の緩和効果を発揮する局面だと思う。「海外金利の上昇に応じて、長期金利目標を引き上げることはない」との黒田東彦総裁の発言につながったと受け止めている。

日銀が掲げる2%の物価安定目標の達成の道筋がまだ見えないこともあり、当面、長期金利の目標を引き上げることは現実的ではないという点を再確認できた。

「日銀が長期金利コントロールできなくなる事態考えられない」との発言からは、金利が上がる方向について、「指し値オペ」などYCC政策は、強力な金利上昇抑制手段であり、ある程度の持続性もあるということだろう。

また、「国債が品薄になれば国債買い入れの金利押し下げ効果より大きくなる」とも発言しており、品薄になれば、1単位あたりの押し下げ効果が大きくなるとみているようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below