July 20, 2018 / 10:00 AM / a month ago

日銀、円金利指標の検討会設立 21年末までに計画策定へ

[東京 20日 ロイター] - 日銀は20日、「日本円金利指標に関する検討委員会」を設立したと発表した。英金融行動監視機構(FCA)が2021年末までにロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を廃止することを踏まえ、それまでに新たな枠組みへの移行に向けた計画を策定する。

委員会は、金融機関や機関投資家、事業法人の関係者20人程度が参加する。第1回会合は8月1日に開き、2カ月に1回のペースで検討を重ねる。

国内で「リスク・フリー・レート」の候補とされる無担保コール翌日物やTIBOR(東京銀行間取引金利)など、性質の異なる円金利指標を適切に利用できる枠組み作りに当たり、具体的な課題や対応策を議論する。 (梅川崇)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below