March 15, 2019 / 9:57 AM / 2 months ago

日銀、豪中銀との為替スワップ協定を2022年まで3年延長

[東京 15日 ロイター] - 日銀は15日、豪州準備銀行(中央銀行)との間で結んでいた豪ドルと日本円を交換できる為替スワップ協定を2022年3月17日まで延長すると発表した。引き出し限度額は日銀が200億豪ドル、豪中銀が1.6兆円。 日銀では、邦銀の豪ドル資金決済に支障が生じ、金融システム安定の確保に必要と判断する場合には、スワップ協定を活用して豪ドルの流動性供給を行う方針としている。 (清水律子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below