December 19, 2019 / 2:49 AM / a month ago

日銀、金融政策の現状維持を決定

[東京 19日 ロイター] - 日銀は18─19日の金融政策決定会合で、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和の継続を賛成多数で決めた。

短期金利は日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス0.1%のマイナス金利を適用、長期金利は10年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう長期国債の買い入れを行う。

日銀はまた、政策金利のフォワードガイダンスを維持した。政策金利は、「物価安定の目標」に向けたモメンタムが損なわれる恐れに注意が必要な間、現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移することを想定しているとした。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below