August 5, 2019 / 2:40 AM / 13 days ago

景気の回復基調変わらず、市場動向を注視=円高・株安で官房長官

[東京 5日 ロイター] - 菅義偉官房長官は5日の定例会見で、ドル/円が一時105円台をつけるなど、この日の市場で円高・株安が進行していることについて、景気の回復基調は変わっておらず、市場動向を注視していく、との考えを示した。

菅官房長官は足元の経済動向について「中国経済の減速の影響がみられるが、雇用・所得環境や企業収益など、内需のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はしっかりしており、緩やかな回復基調は変わっていない」と指摘。

「引き続き市場動向を注視し、経済運営に全力を尽くす」と語った。 (竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below